使用済み・消印が押された切手も買取できるの?

こんにちは、切手なんでも情報局管理人の椎名です。

使用済みの切手や消印が押された切手を封筒と一緒に捨ててしまう人は多いのではないでしょうか。ただこの行為、実は損をしている可能性があるのです。

使用済み 切手買取

出典:Photo-Ac

何故かというと、使用済みの切手や消印が押された切手でも、場合によっては買取してもらうことが可能だからです。中には高額で買取される場合もありますからね。

そこで今回は、使用済み・消印が押された切手の買取について紹介したいと思います。

 

使用済みの切手を買い取りしてくれる場所

未使用ということを前提としている金券ショップ等では、使用済みの切手や消印が押された切手は当然ながら買い取ってもらうことができません。

しかしその一方で、切手買取専門業者をはじめ、ネットオークションなどを利用れば、使用済みの切手や消印が押された切手でも売れるケースがあります。

また、使用済みの切手のみを集めている事業団体などがあります。これらの団体へ依頼すれば使用済み切手でも買取してくれますが、団体に買取を依頼する際には注意しなければならないことがあります。

それは、一般の買取のように1枚当たりの査定で金額が決まるわけではなく、グラム単位やキロ単位での査定になるということです。そのため、多くの切手を集める必要があることから、あまり現実的ではありませんね。

 

使用済み切手に需要はあるの?

価値のある古い切手というのは、未使用のものを手に入れるのは非常に難しいことです。

そのため、希少価値のある古い切手というのは、使用済みであっても手に入れることに価値が生まれることもあり、それなりに需要があるのです。

また、切手を収集している人の中には消印自体に価値を見い出すコレクターもいます。消印が押された使用済み切手についてはそういったコレクターが欲しがるため、使用済み切手でも売れるのです。